fc2ブログ
肉体
最近、というか、多分昔からなのだけど、
特に最近顕著で、
こんな事考えるのは、危険思想なのではと危惧している事。 
それは、私の中にうっすらある「体なんてどうだっていいじゃん」という考え方。

私のまわりには体の弱い人もいるし、
苦しい病気と闘っている人もいる。
病や死を、決して軽んじているわけじゃない。
私の近くにいる人には、
体を大切に、いつまでも元気でいてほしいと心から願っている。

けれど、 ただ、自分自身に関しては、 
なんだか、自分の体なんて、所詮借り物だしなぁ。なんて思ってしまう。

美しく装う事も、女性である事も、
山に登ることも、音楽が出来ることも、
健康あっての楽しみではあるけれど、
肉体の存続が最優先事項ではない気がする。
それは、何より大事にしなくてはならないものには思えない。

こんな考え方してたら、いつか罰があたるんだろうか。
病の方や、高齢の方は、怒りを覚えるだろうか。

年始に、体を壊した時も、「体は大事にしないといけない。」と思ったけど、
「いざとなったら、いざやな。」とも思った。 

いや、いざとなったら、 
猛烈に自分の身を惜しく感じるんだろうか。

「体を大切に」という考えから、
浮遊してしまう時、自分でも一瞬ひやっとする。
この浮遊が、重みを持って一致する日がくるのだろうか。
それは、どんな時なのだろうか。背負うものが大きくなった時?

家族から、
「無理はしないのよ。体は大切にするのよ。」と言われる度に、
その深い愛情に感謝し、そして、少し残る違和感に戸惑う。
この体の存続は、自分のためでなく、
人のためと考える方がしっくりくるな。



追・とはいえ、「どうでもいい」というわりには、
実際は体調管理にはとても気をつかってる。
楽しいと思える日々のためには体力が絶対必要だから。
美味しいと思える食事をして、運動して、日焼けは極力避ける(笑)。

吉田拓郎さん、コンサートキャンセル。これまた考えるなぁ。
スポンサーサイト



【2009/07/09 14:06】 | life | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ミニエコ宣言 | ホーム | ルネ・マグリット>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://amiciashiya.blog45.fc2.com/tb.php/32-f1a02398
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |